イベント詳細

音楽

洋館サロンで味わう バロックの家庭音楽 アンサンブル山手バロッコ 第84回演奏会

期間
2019/7/27(Sat) ~ 2019/7/27(Sat)

会場
山手111番館
エリア
元町・中華街
料金
入場無料 (座席は当日先着30名)
出演者
曽禰 寛純(フラウト・トラヴェルソ)<br />大山 有里子(バロック・オーボエ)<br />亀井 仁(ヴィオラ・ダ・ガンバ)<br />酒井 絵美子(チェンバロ)
お問い合わせ
山手111番館
問い合わせ電話番号
045-663-5685
横浜山手の洋館、山手111番館は、広い芝生を前庭とし、ローズガーデンを見下ろす住宅として 1926年に建てられました。設計者はJ.H.モーガン。彼は横浜を中心に数多くの作品を残していますが、彼の代表作である山手111番館の吹き抜けの素晴らしい広間で、バロック時代の様式の楽器のアンサンブルの響きを味わいます。今回は、欧州在住で活躍中のチェンバロ奏者 酒井絵美子さん、弦楽器奏者・製作家の亀井仁さんをお迎えし、バロックの家庭音楽の楽しみをいろいろな楽器の組み合わせでお楽しみいただきます。4つの木の楽器によって紡ぎだされるアンサンブルの調べをご一緒に味わいませんか。お待ちしております。<曲目・演目>G.F.ヘンデル:オーボエと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調 HWV 357C.Ph.E.バッハ:フルートとオブリガートチェンバロのためのソナタ ト長調 Wq.85J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集第2集より 前奏曲とフーガ ト短調 BWV885W.F.バッハ:ポロネーズ ホ短調 Falck12-8、ホ長調 Falck12-7(チェンバロ独奏)G.Ph.テレマン:フルート、オーボエと通奏低音のためのソナタ ト長調 TWV 42: G13G.Ph.テレマン:フルート、オーボエと通奏低音のためのソナタ ホ短調 TWV 42: e9 ほか(都合により変更になる場合があります。)