イベント詳細

講座・募集

公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」ラウンド5〈ガラパゴス考察〉

期間
2017/8/26(Sat) ~ 2017/8/26(Sat)

会場
横浜美術館 レクチャーホール
エリア
みなとみらい
料金
ヨコハマトリエンナーレ2017鑑賞券提示で無料
出演者
【登壇者】<br />長谷川眞理子(行動生態学・自然人類学者、総合研究大学院大学学長)<br />ドミニク・チェン(情報学研究者、早稲田大学文学学術院准教授)<br />川久保ジョイ(アーティスト)<br /><br />【総合進行】<br />三木あき子(ヨコハマトリエンナーレ2017コ・ディレクター)
お問い合わせ
ハローダイヤル
問い合わせ電話番号
03-5777-8600(8:00~22:00)
ヨコハマラウンドは、様々な分野の専門家を招き、円卓(roundtable)を囲むように何回かにわたって(rounds)、対話・議論を重ねます。開幕に先立ち2017年1月より開始し、閉幕に合わせて締めくくります。ラウンド5は、のタイトルのもと、「ガラパゴス」、「ガラパゴス化」に注目します。今、特に政治・経済・文化などのあらゆる分野で、世界はさらに開かれグローバル化に向かうのか、あるいは、より閉鎖的・地域的ともいえるガラパゴス化に向かうのか、という議論があるなか、進化生物学、情報学研究の専門家、アーティストを迎え、「ガラパゴス」、「ガラパゴス化」について自由な意見と対話を通して、この問いについて複眼的かつ独創的な視点を模索します。第一部での、それぞれ異なる専門分野を踏まえたショートプレゼンテーションに続き、第二部では、自然生物界と人間、日本と西欧、二極化する世界、固有性と普遍性、テクノロジーと哲学、アートの役割等々をキーワードに、多彩で拡がりのある議論の展開を目指します。