person
posted:2018.11.22

ボーダレスな表現者、森山未來がコンテンポラリーダンスを探求する理由とは。


実力派俳優として知られ、現在はコンテンポラリーダンスの分野でも振付家・ダンサーとして世界を舞台に活躍する森山未來さん。振付家・ダンサーとしての森山さんは...
eventreport
posted:2018.10.29

中学生がつくったアニメーション作品の面白さ 「横浜市立中学校アニメーションフ...


横浜市内中学校6校+小学校1校の生徒たちが横浜市民ギャラリーあざみ野に集まった。中学生が授業や部活動などで制作したアニメーション作品の上映会だ。制作に関...
things
posted:2018.02.23

「続・朝鮮通信使」横浜・韓国アーティスト交流プログラム 文化を重ね、心を通い合わせ、まだまだ続く。

昨年ユネスコの世界記憶遺産に登録された「朝鮮通信使」。この現代版のプ...
person
posted:2018.02.16

新しい神話—未来に遺すダゲレオタイプ 新井卓 インタビュー

新井卓さんは、「ダゲレオタイプ」という撮影法を用いて制作する、世界で...
person
posted:2018.02.14

都市を理解する感性を研ぎ澄ます 「演劇クエスト」藤原ちからさん

みなとみらいや馬車道商店街、本牧の街角などで、本を片手に一人で歩いて...
person
posted:2018.02.10

パフォーミングアーツとヴィジュアルアートの境界を軽やかに超え、世界と自分との距離を試す“ニューウェーブ”、Aokidの冒険。

横浜から世界へ。独自の創造性を発信するアーティストの発掘と育成を目指...
special
posted:2018.02.02

横浜AIR事情 vol.3:育成の場としてのAIR――黄金町で醸成されたアーティストコミュニティ

アーティストのインタビューや、プログラム主催者の声をとおして、横浜の...
special
posted:2018.01.31

横浜AIR事情 vol.2:インターネットのように紡ぎ合う国際文化交流プロジェクト「ポート・ジャーニー・プロジェクト」

アーティストのインタビューや、プログラム主催者の声を通して、横浜の“...
things
posted:2018.01.30

クリエイティブとスポーツの交差点~THE BAYSから

日本大通り、多くの文化を受発信してきた開港の地「象の鼻」から横浜公園...
person
posted:2018.01.26

作品をつくることは特別なことではない――梅田哲也が『インターンシップ』をTPAMで再創作

今年もいよいよ2月10日から9日間、国際舞台芸術ミーティング in ...
special
posted:2018.01.22

横浜AIR事情 vol.1:中国・成都の日常を見つめる 片岡純也+岩竹理恵インタビュー

アーティストの創作に、インスピレーションは欠かせない。「アーティスト...
person
posted:2018.01.18

タップダンスで世界をつなぐ。 おどるなつこさんインタビュー

ストリートやライブイベントのほか、演劇の振り付けなどで活躍するタップ...
eventreport
posted:2018.01.04

「石内 都 肌理と写真」横浜美術館で開催中 記憶を織り続けた40年を見る

国際的に最も高く評価される写真家のひとり、石内都さんの大規模個展「石...
person
posted:2017.12.29

俳優に言葉を。岸田國士賞最終候補『ドッグマンノーライフ』再演、山縣太一の方法論

横浜生まれの演出家・振付家の山縣太一さん。「俳優が舞台を立ち上げる」...
person
posted:2017.12.19

立ち止まって考えることができる社会へ向けて――藤原徹平の建築哲学

住宅やビルなどの建物から、スタジアムのような巨大な施設、さらには都市...
person
posted:2017.11.30

国境も年代も越えて作品をつくる–劇作家・演出家 山本卓卓さん

横浜から世界へと発信するアーティストの発掘&育成を目的として、アーツ...
person
posted:2017.11.25

渋谷慶一郎が100年前の問題作を日本の聴衆に問う! ——「横浜ダンスコレクション2018」で日本初演。

横浜はダンスの街でもある。来年2月には、23回目を迎える国際的なコン...
eventreport
posted:2017.11.24

多様な人が溶け合う芸術祭「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017『不思議の森の大夜会』」スペシャルツアーレポート

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」は3年に一度開かれる、“障害のある方...