振付家の長内裕美が企画する『dancedouble#2』、赤レンガにて

Posted : 2014.03.14
  • mail
日本人振付家・ダンサーによってつくられ、海外で発表された日本未発表作品を逆輸入!?  振付家・ダンサーの長内裕美(おさないゆみ)さんが企画したダンス公演が、3月22日・23日に横浜赤レンガ倉庫1号館にて開催。国を超えて活動するアーティストの作品を2本立て楽しめる『dancedouble#2』、日本初演を見逃す手はない!

dancedouble_s

 

海外で評価を得たダンス作品を、日本で初演。

日本発の商品が、海外で評価を得た後、ようやく日本でブームになる…。こういった“逆輸入”の事例は、あらゆるマーケットの中で起こっているのではないだろうか。文化の世界でもまたしかり。しかし商品のように大量生産/消費できないダンス作品を“逆輸入”するのは、簡単なことではないだろう。国境を超えてこのプログラムを実現した企画者は、振付家・ダンサーの長内裕美さん。2010年に「横浜ダンスコレクションR」で“若手振付家のための在日フランス大使館賞”を受賞した経歴を持つ。自ら主催する『dancedouble』は、実験的な作品を上演する公演だ。今回で2回目の開催となる。

「『dancedouble(ダンスダブル)』とあるように、国を超え、複数の若手振付家が創作に参加し、影響し合い、互いが持つ創造性・独創性を引き出す作品を作り出すことを目的とします。」
(公演企画書より 長内裕美)

長内さんのこれまでの活動を知れば、この言葉により説得力を感じてもらえるはず。2010年にフランスのアンジェで滞在制作、2011年には日韓ダンスプロジェクトで韓国人振付家と共同制作、2012年には文化庁の新進芸術家海外研修制度でハンガリーのブダペストへと渡った。さまざまなアーティストとコラボレーションしてきた国際的な経験から、必然のように生まれたのが『dancedouble』なのだ。“逆輸入”の発想には、「海外から見た日本人振付家、ダンサー、作品などの新しい価値観を明示する」という強い思いが込められている。

今回は、ハンガリー人振付家のフェレンツ・フェヒールと長内さんのデュエット作品、そしてフランスのトゥールーズを拠点に振付家・ダンサーとして活躍している石川勇太さんの振付作品を上演する。両作品とも、海外で初演し、今回が日本初上演となる作品だ。この月末、春の風を感じる赤レンガ倉庫で、海外で元気に活躍する日本人の作品に出会ってみては?

DustPark2_s

 

 【公演情報】
dancedouble#2
公演日時:2014年3月22日(土)18:00、23日(日)15:00(開場は開演の30分前)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
最寄り駅:みなとみらい線「馬車道」「日本大通り」駅から徒歩約6分、JR・市営地下鉄「桜木町」「関内」駅から徒歩約15分
入場料:一般前売:3,000円(当日3,500円)、学生前売:2,500円(当日3,000円)
お問合せ:080-3559-4174(制作モチダ)、http://www.yumiosanai.com/

<プログラム>
フェレンツ・フェヒール 長内裕美共同制作作品「RUNNING」(40分)
出演:長内裕美、フェレンツ・フェヒール
初演: 2013年4月 単独公演/Dance Day Marathon (ブダペスト/ハンガリー)

石川勇太 振付作品「Dust Park2」(40分)  
出演:竹内梓、アントワーヌ・オシュタイン、石川勇太
初演: 2012年 11月 ラフカットフェスティバル招聘(フランクフルト/ドイツ)

YutaIshikawa_75_s

舞台監督:熊木 進/照明:しもだ めぐみ/音響:David Kovácsovics
制作:持田 喜恵/宣伝美術:寺坂 薫(Kalin)

<チケットご予約>
①Corich:http://ticket.corich.jp/apply/51246/
②メール:dancedouble.pino@gmail.com(お名前、日時、枚数、連絡先をご記入くださ い。)
③電話:080-3559-4174(制作モチダ)
④赤レンガ倉庫1号館1階インフォメーションにて直接購入可。

主催:長内裕美
共催:横浜赤レンガ倉庫1号館
助成:アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、駐日ハンガリー共和国大使館
協力:NEFMI, NKA