横浜、秋のアートイベントに足を伸ばしてみよう!(後編)

Posted : 2021.10.26
  • mail
木々も色づきはじめ、本格的に秋を感じられるようになってきました。秋と言えば、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋。創造都市横浜ウェブマガジンでは、横浜で開催されるさまざまなアートイベントをご紹介。前編と合わせて、是非横浜の秋の芸術散策にお役立てください。

ミナトノアート2021

 

横浜で、身近に楽しむ“まちなか”アートフェア

11月20日(土)から28日(日)まで、横浜にあるギャラリーやショップ、百貨店など約80会場が参加するアートフェア「ミナトノアート2021」が開催されます。

ミナトノアート2021」は今年から始まる横浜発の新しいアートフェア。元町、山手、石川町、中華街から横浜駅までのエリアにあるギャラリー、ショップ、百貨店などで実施するプログラムを回遊することで、アート、クラフト、ヴィンテージ、フードなどが楽しめます。子どもから大人まで、そして初心者もアートファンも楽しめる多様なプログラムも行われます。

ミナトノアート2021
日時:2021年11月20日(土)~28日(日)
会場:横浜元町ショッピングストリート、JR 横浜タワー 2 階アトリウム、みなとみらい線馬車道駅構内、ギャラリー、ショップ、カフェ、百貨店など
URL:https://minatonoart.jp/

 


横浜・日ノ出町に複合施設「azumagaoka articulation」オープン 現代美術展開催中

京急日ノ出町駅から徒歩1分の場所にazumagaoka articulation(東ヶ丘アーティキュレーション)がオープン。オープンに伴い、10月22日(金)から12月5日(日)まで、現代美術展「崖と階段」が開催されています。

azumagaoka articulationは、展示スペース・オフィス・コワーキングスペース(シェアオフィス)・バーラウンジなどから構成される小さな複合施設で、20年以上使用されていなかった複数の住宅を改修し構成。「崖と階段」は、歴史、人生、表現をテーマとした現代美術展で、国内外で継続的に制作・発表しているアーティストに焦点を当てるとともに、「崖と階段」に囲まれた、展覧会場の周囲に存在する、横浜誕生を物語る歴史的遺構にも焦点を当てている展覧会です。

袴田京太郎 「山をみるな」

今井俊介 「untitled」

関川航平 「Topophilia」

大巻伸嗣 「untitled」

中﨑透作品 「stairs」

Photo: Ken Kato

Contemporary Art Exhibition「崖と階段」
日時:2021年10月22日(金)~12月5日(日)
   水・木・金・土・日のみ開場 / 毎週月・火はお休み
会場:azumagaoka articulation(横浜市西区東ヶ丘3-7)
参加作家:(五十音順)
石倉潤 / Jun Ishikura(写真)
今井俊介 / Shunsuke Imai(絵画・インスタレーション)
大巻伸嗣 / Shinji Ohmaki(インスタレーション・映像)
葛西絵里香 / Erika Kasai(ゴム判作品・インスタレーション)
古賀崇洋 / Takahiro Koga(陶芸)
関川航平 / Kohei Sekigawa(インスタレーション)
中﨑透 / Tohru Nakazaki(インスタレーション)
袴田京太朗 / Kyotaro Hakamata(彫刻・インスタレーション)
フェリーチェ・ベアト / Felice Beato(写真)
ユ・ソラ / Sora Yu(布と糸・平面)
URL: https://azumagaoka.com/gaketokaidan/

主催:offsociety inc. (オフソサエティ)
助成:文化庁 Arts for the Future
協力:吉田興産株式会社
キュレーション:長田哲征(offsociety inc.)
※本展覧会は横浜市の施策とは関係ありません。

 


横浜のクリエイターが屋外で試みる創造と実験の場づくり

11月3日(水・祝)から7日(日)までの間、中区 ・尾上町の関内えきちか広場では「関内外OPEN!13 関内外一丁目」が開催されます。

アトリエや仕事場を開き、横浜・都心臨海部エリアを中心に活動するクリエイターを市民に広く知ってもらう機会として2009年よりスタートした「関内外OPEN!」。開催13回目となる今年は、屋外に期間限定の創造と発想の場としてクリエイターの街「関内外一丁目」が出現します。会場では十分な感染対策のもと、子どもから大人まで幅広く楽しめるアートやデザインの展示、トーク等も実施予定。

関内外OPEN!13 関内外一丁目
日時:2021年11月3日(水・祝)~7日(日)各日11~17時
会場:関内えきちか広場
  (地下鉄ブルーライン関内駅1番出口横の広場/横浜市中区尾上町2-26 周辺)
参加クリエイター:市内で活動するアーティスト、クリエイターおよそ50 組
URL:http://kannaigai.yafjp.org/kannaigai13/

 


馬車道が音楽に包まれる4日間

中区にある関内ホールでは、10月31日(日)から11月3日(水・祝)まで「馬車道まつり アートフェスタ2021」が開催されます。

10月31日(日)から11月2日(火)は、クラシック、ジャズ、オーケストラなどのコンサートや寄席を大ホール・小ホールで実施。11月3日(水・祝)にはホール全体を無料開放する「関内ホール1日オープンデー」が行なわれます。主な演目は、たをやめオルケスタ JAZZ祭、村田 浩&The Bop Band馬車道寄席 立川談慶独演会など。

たをやめオルケスタ

関内ホール


馬車道まつり アートフェスタ2021
日時:2021年10月31日(日)〜11月3日(水・祝)
会場:関内ホール 大ホール/小ホール
URL:https://www.kannaihall.jp/detals/001655.php

 


グレートリセット後の創造力をみせる展覧会

10月29日(金)から11月14日(日)まで、みなとみらい線新高島駅構内地下1FにあるBankART Stationでは、「グレートリセット・スモールリブート ~その後をつくる創造力 Great Rest, Small Reboots by Artists」が開催されます。

様々な変化が迫る現在の状況を指したキーワード、「グレートリセット」。そして創造力で「グレートリセット」の先を、自らの手で想像し、創造する、つくり手たちによる、小さな再起動「スモールリブート」。

この展覧会では、「スモールリブート」に取組む「その後」をつくる作家の作品が、[アートが構想する未来][未来を憑依するアート][未来をつくった創造[もうひとつの未来文明]の4つの切り口で選ばれ展示されます。

『Pixel Beings – Bboy -』Minoru Fujimoto

『物質 均衡』佐野文彦


グレートリセット・スモールリブート ~その後をつくる創造力
Great Rest, Small Reboots by Artists
日時:2021年 10月29日(金)~11月14日(日)
会場:BankART Station
出展作家:
[アートが構想する未来]岡田裕子チームラボ韓亜由美
[未来を憑依するアート]キュンチョメアメ
[未来をつくった創造]EXCALIBUR、galcid、Jason Scuderi (lasergun factory)、Minoru FujimotonuuomarimosphereWhatever Inc.
[もうひとつの未来文明]佐野文彦後藤映則
URL:http://reboot2021.creativecluster.jp/

 


金沢の産業エリアを巡る!楽しむ!

10月30日(土)から11月28日(日)まで、横浜市金沢区の産業エリアでは「会社から地域へ!まるごとギャラリー2021」が開催されます。

「まるごとギャラリー」はArtist Network + Compassが2013年から開催している屋外の美術展。参加アーティストの視点や作品の力で金沢区の工業団地の魅力を引き出す試みとして行われており、今年は展示協力会社の屋外スペースにアート作品が展示されます。

会社から地域へ!まるごとギャラリー2021
日時:2021年10月30日(土)〜11月28日(日)
会場:横浜市金沢区の産業エリア(シーサイドライン 幸浦駅~市大医学部駅周辺)
参加アーティスト:五十嵐道子・岡典明・大森牧子・片岡操・コントオルしばたあい・田中清隆・巾崎知佳、天野浩子(企画・運営にて参加)
URL:https://www.anc3434.com/

 


久良岐の自然と雅楽の調べ

自然豊かな8000坪の久良岐公園の北側にある久良岐能舞台。11月7日(日)に、久良岐能舞台と日本庭園にて「久良岐の森で音探し Vol.2」が開催されます。

庭園を散策しながら、第一線で活躍する奏者による雅楽の演奏に耳を傾ける本企画では、自然の織りなす音と人が作り出す音とが調和する新しい鑑賞方法を楽しめます。日本庭園も秋の装いを始める頃、久良岐の森の木のざわめき、水のせせらぎ、鳥や虫の声を感じつつ、雅楽の楽器の音に耳を傾けてみませんか。(雨天の場合、能楽堂内のみでの演奏になります。)

vol.1の様子

久良岐の森で音探し Vol.2
日時:2021年11月7日(日)
会場:久良岐能舞台・庭園(横浜市磯子区岡村8-21-7)
参加アーティスト:Naoyuki MANABE GAGAKU Ensemble
URL:http://sho-manabe.net/konzert/20211107/

 


横浜18区を巡る、クラシックコンサート

瀬谷公会堂では、11月18日(木)に「横浜18区コンサート 第Ⅰ期 山根一仁(ヴァイオリン)× 新日本フィルハーモニー交響楽団メンバー(弦楽五重奏)」が開催されます。

横浜18区コンサートは、市内各区のホールや公会堂等の文化施設を巡り、ソリストとホールにゆかりのあるオーケストラメンバーが演奏するコンサート。今回は、横浜にゆかりある山根一仁さんと、弦楽五重奏には2016年より横浜で定期的に公演を開催している新日本フィルハーモニー交響楽団のメンバーが出演されます。

©K.MIURA_R


横浜18区コンサート 第Ⅰ期
山根一仁(ヴァイオリン)× 新日本フィルハーモニー交響楽団メンバー(弦楽五重奏)
日時:2021年11月18日(木)15:00開演
会場:瀬谷公会堂(相鉄線三ツ境駅より徒歩10分)
URL:https://mmh.yafjp.org/mmh/recommend/2021/11/18-2.php

 


横浜発、日本最大フランス映画の祭典

みなとみらい 21 地区エリアを中心に、11月11日(木)から14日(日)までの間「フランス映画祭2021横浜」が開催されます。

「フランス映画祭」が日本で開催されるのは今年で29回目。1993 年、当時のユニフランス会長で映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエにより横浜で誕生。多彩なフランス映画最新作全11作品を上映するほか、オープニング・セレモニーやドライブインシアターも実施予定。

ヴォイス・オブ・ラブ ©Rectangle Productions/Gaumont/TF1 Films Production/De l’huile/Pcf Aline Le Film Inc./Belga©photos jean-marie-leroy

フランス映画祭2021 横浜
日時:2021 年 11 月 11 日(木)~14 日(日)
会場:みなとみらい 21 地区 他
URL:https://www.unifrance.jp/festival/2021/

 

*各施設の営業時間、チケット販売、申込情報などの詳細は記事中リンクからご確認お願い致します。


合わせて読みたい創造都市横浜

横浜、秋のアートイベントに足を伸ばしてみよう!(前編)(2021.10.07)
クリエイターと出会い遊ぶ2日間~街なかのフェス「関内外OPEN!11」(2019.10.22)
フランス映画祭2018、横浜で開幕!(2018.06.22)