スマートイルミネーション横浜2015を満喫しよう

Posted : 2015.10.23
  • mail
今年も「スマートイルミネーション横浜」が開催される。横浜の秋の夜長を満喫できる光の祭典を楽しみにしている人も多いだろう。環境と光が共存する数々のアート作品が輝きを放つ。見どころと魅力を紹介しよう。

「スマートイルミネーション横浜2014」より Photo : Hideo Mori

光の祭典「スマートイルミネーション横浜2015」開催!

「スマートイルミネーション横浜」は横浜市の都心臨海部を中心に、新たな夜景を創りあげようと、アーティストや市民、企業などが参加して開かれる国際アートイベントだ。5年目の開催となる今年の会期は10月30日(金)から11月3日(火・祝)までの5日間。 国内外からのアーティストたちの最先端の環境技術を活用した数々の作品を鑑賞、体感できる。

《I LOVE YOKOHAMA〜スマイル キャンドル ナイト〜》 I LOVE YOKOHAMA【ハマラブ】(作品例)

《I LOVE YOKOHAMA〜スマイル キャンドル ナイト〜》 I LOVE YOKOHAMA【ハマラブ】(作品例)

ZOU-NO-HANA RING小

《ZOU-NO-HANA RING》 髙橋匡太(作品例)Photo : Mito Murakami

 

「もうひとつの横浜夜景」を提案するアートプログラムとして、横浜の歴史的建造物などをライトアップ。また、まちなか展示会の一環として夜空に美しく輝く横浜港大さん橋国際客船ターミナルや神奈川県庁本庁舎などの姿が楽しめるとともに、企業の最新技術に驚かされそうだ。

“クイーン”と歌おう

例年さまざまなライティングプロジェクトで楽しませてくれるアーティストの高橋匡太さんは《たてもののおしばい 「塔(クイーン)は歌う」》を展示する。“クイーン”の愛称で親しまれている横浜を代表する歴史的建造物の横浜税関が声と表情を得たクイーンとなって、自らが見つめてきた横浜の歴史を表情豊かに語りかけるという作品だ。

たてもののおしばい「塔(クイーン)は歌う」小

《たてもののおしばい 「塔(クイーン)は歌う」》(作品イメージ ) Photo: Hideo Mori

 

10月30日(金)18:00からのオープニングイベントでは、ゾウノハナ合唱部が“クイーン”とともに歌う。曲は横浜と“クイーン”にちなんで『ブルー・ライ ト・ヨコハマ』、『ダンシング・クイーン 』、そして『We Are The Champions 』だ。バンド「パウンチホイール」の作曲とヴォーカル&ギターを担当する青木拓磨さんと、劇団「ままごと」の制作者、加藤仲葉さんも演出や指導に関わる。
このゾウノハナ合唱部員を現在大募集中!(※定員になり次第終了)
経験、年齢不問なのでぜひ応募して、「スマートイルミネーション横浜2015」に参加してみては?
(応募の詳細はhttp://www.zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=405 まで)

海や運河も輝く

また、 大きなサーフボードに立って乗り1本のパドル(櫂)で水面を漕いで進むSUP(stand up paddle)という水上移動ツールを、LED でライトアップして、象の鼻パーク周辺の海域や運河に光の航跡を演出しようというプロジェクトも。この《Light up floating YOKOHAMA2015》は横浜の水辺の活用を提案している団体、水辺荘が実施する。横浜の貴重な資産である海や河川の環境にも関心が集まることだろう。

Light up floating YOKOHAMA2015小

《Light up floating YOKOHAMA2015》(作品イメージ)

ワークショップもコンペティションも

期間中、当日に参加できるワークショップもある。象の鼻テラスに行くと、アーティスト竹澤葵さんの《bloomi(ブルーミ)》 と題するワークショッププログラムが開かれており、七色に光る花のコサージュをつくることができる(1日先着50 名、料金500円)。自分の手で作り出した光の作品にはきっと大切な想いが宿ることだろう。

bloomi(ブルーミ)2小 bloomi(ブルーミ)1小

《bloomi(ブルーミ)》 竹澤葵/株式会社 FREEing (作品イメージ)

また、アーティストや学生の作品を、LED や有機 EL など環境共生型の照明技術の新たな活用方策を発見、創造する観点から審査する「FutureCity Yokohama スマートイルミネーション・アワード 2015」も同時に開催。11月3日(火・祝)には最優秀賞が発表となる。

盛りだくさんの光のアートや体験を楽しみながら、省エネルギーを考える——この「スマートイルミネーション横浜」のコンセプトは今年も鮮明だ。

電気自動車を使ったゼロエミッション茶会小

《電気自動車を使ったゼロエミッション茶会》 日下淳一+徳永宗夕(作品イメージ)

象の鼻防波堤に停車させた電気自動車日産「 e-NV200」からすべての電力をまかない、車内に設けられた茶席で港の景色と共にお茶を楽しむ《ゼロエミッション茶会》も開催される。

ひとりひとりがこれからの時代を賢く生きる知恵を探るいい機会になることだろう。

 

 

 

 

 

 

 


【イベント情報】
スマートイルミネーション横浜2015
http://www.smart-illumination.jp/
会期:2015年10月30日(金)~ 11月3日(火・祝)17:00~22:00

メイン会場:象の鼻パーク、横浜港大さん橋国際客船ターミナル ほか
最寄り駅:みなとみらい線「日本大通り」駅
、「馬車道」駅ほか
主催:スマートイルミネーション横浜実行委員会
お問い合わせ:スマートイルミネーション横浜 イベント事務局
       TEL:045-633-9660