『横浜フランス月間2015』を満喫しよう

Posted : 2015.05.22
  • mail
初夏の横浜、今年も『横浜フランス月間』の季節がやってきた。日本でただひとつのフランス文化と美食の祭典だ。5月31日(日)から7月15日(水)の間、コンサート、映画上映や写真展、ダンス公演、美食セミナーなどが連日のように繰り広げられ、横浜中の文化施設やレストランがフランスにちなんだプログラム一色に! 横浜で本場フランスの文化と美味に出会う喜びを今年も!

bayside_poster

フランスのカルチャーシーンを横浜でたっぷり味わう! 

今年で11年目を迎える「横浜フランス月間」は、日本で唯一のフランス文化、美食の祭典として知られる。食から雑貨、文化、アートまで、フランスのカルチャーシーンを横浜で堪能できる、フランス好きにはたまらない1か月。横浜に居ながらにしてフランスの「現在」に出会えるこの機会、今年も思いきり楽しみたい!
会期は5月31日(日)から7月15日(水)。横浜各地に点在する施設をパートナーとしてたくさんの催しが開かれる。編集部注目のイベントをいくつかピックアップしてご紹介しよう。 
美食やワイン、シャンパーニュに関するイベントはこちら↓でチェックして出かけよう。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/categories/gourmet/

1.オープニングセレモニーとフレンチ・ポップコンサート

Jean-Baptiste Del Amo クSylvain Norget_small

ジャン=バティスト・デル・アモ(c)Sylvain Norget

SCastien Grandgambe _samall

セバスチャン・グランガンブ(c)DR

Sohie Maurin クEmma Picq_small

ソフィー・モラン(c)Emma Picq

フランスの文化といえば「文学」も魅惑的。「横浜フランス月間2015」の開幕は、新感覚の「文学的」コンサートで。
京都のヴィラ九条山にてレジデンス滞在中の作家ジャン=バティスト・デル・アモが綴る言葉をもとに、音楽家のセバスチャン・グランガンブとソフィー・モランが華やかな演奏を繰り広げる。会場は海を豊かに感じる「象の鼻テラス」。 文学とフレンチポップスがどんな融合をみせるだろうか。 http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/concert/

日時:5月31日(日)19:00
会場:象の鼻テラス
最寄り駅:みなとみらい線「馬車道」駅
料金:一般1,500円、会員:1,000円
お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ横浜 045-201-1514

2.フランス映画を横浜の各所で上映

◆東京藝術大学馬車道校舎で観る2つのフランス映画

9mois ferme

(c)DR

俳優であり、監督でもあるアルベール・デュポンテルが出演・監督した大ヒット・コメディ『禁錮9ヶ月』を上映。
主演のサンドリーヌ・キベルランが2014年セザール賞・主演女優賞を受賞している。

 

 

 

『禁錮9ヶ月』
監督:アルベール・デュポンテル
(フランス/2013年/82分/カラー/Blu-ray/日本語字幕付)
出演:サンドリーヌ・キベルラン、アルベール・デュポンテル、ノシラス・マリエ
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/9mois/

日時:6月13日(土)14:00~
会場:東京藝術大学馬車道校舎
最寄り駅:みなとみらい線「馬車道」駅
料金:一般1,200円、会員600円
主催:アンスティチュ・フランセ日本
お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ横浜 045-201-1514

 

芸大1-small

(c)DR

イタリア中産階級大家族の一員、ルイーズを取り巻く数々の物語を、ヴァレリア・ブリュニ=テデスキ監督が知的に描く『イタリアのある城で』を上映。

※ 上映後、映画批評家・大寺眞輔氏によるアフタートークあり。

 

 

『イタリアのある城で』
監督: ヴァレリア・ブリュニ=テデスキ
(フランス/2013年/104分/カラー/Blu-ray/日本語字幕付)
出演: ヴァレリア・ブリュニ=テデスキ、ルイ・ガレル、フィリッポ・ティミ
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/italie/

日時:6月13日(土)16:00~
会場:東京藝術大学馬車道校舎
最寄り駅:みなとみらい線「馬車道」駅
料金:一般1,200円、会員600円 (同日2本目は一般も600円)
お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ横浜 045-201-1514

◆シネマ・ジャック&ベティ フランス映画特集

やさしい女small

『やさしい女』

横浜、若葉町のミニシアター「シネマ・ジャック&ベティ」ではフランスの巨匠による作品を特集上映。
ロベール・ブレッソンの『やさしい女』(1969年・デジタル・リマスター版)、フランソワ・トリュフォーのSF作『華氏451』(1966年・デジタル・リマスター版)、ジャン=リュック・ゴダールのSF作『アルファヴィル』(1965年・デジタル・リマスター版)、ジャック・ドワイヨン監督最新作『ラブバトル』(2013年)、などなど。このチャンスをお見逃しなく。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/mdf2015_associe2/

日時:6/6 (土) ~7/17 (金)
会場:シネマ・ジャック&ベティ
最寄り駅:京浜急行線「黄金町」駅、横浜市営地下鉄「阪東橋」駅
お問い合わせ:シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800
http://www.jackandbetty.net

◆フレンチロマンス・ショートフィルム特集上映

フレンチプログラム画像small横浜・みなとみらいにある短編映画のシアター「ブリリア ショートショート シアター」では短編映画で上質なロマンス体験を。 オドレイ・トトゥ主演『月夜の恋占い』でメガホンをとったローラン・フィロード監督による作品『ムーンライト・セレナーデ』など、愛の国フランスのシックで大人なロマンスを感じとれるラインナップ、全4作品約60分間、フランス風ロマンチック気分に浸ろう。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/mdf2015_associe2/

日時:6月17日(水)~7月15日(水)
会場:ブリリア ショートショート シアター
最寄り駅:みなとみらい線「新高島」駅
お問い合わせ:ブリリア ショートショート シアター 045-633-2151
http://www.brillia-sst.jp/

◆コトブキシネマ meets フランス

日本三大ドヤ街と呼ばれる横浜・寿町。フランス映画を広場で野外上映、リラックスした雰囲気で楽しむ。ドリンク、フードの持ち込みもOK。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/mdf2015_associe2/

日時:7/3 (金)7/4 (土)19:00~21:00頃 ※雨天中止
会場:寿町総合労働者福祉会館広場
お問い合わせ:寿オルタナティブ・ネットワーク(info@koto-buki.info)
http://creativeaction.jp

 

3.展覧会「大佛次郎と横浜、大佛次郎とフランス」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セルラ「状況」

横浜ゆかりの作家、大佛次郎は19世紀末の「先進国」フランスの空気も紹介した。フランス4部作と呼ばれる『パリ燃ゆ』ほかの関連資料を紹介する展示で、明治という新しい時代を迎えた当時の日本人の憧れの国、フランスへのまなざしを捉えてみては?会場の大佛次郎記念館は横浜・港の見える丘公園に併設。この時期、公園に咲き誇るバラも楽しんで。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/mdf2015_associe2/

 

日時: 6/2(火)~7/12 (日)  10 :00~17 :30 (入館は17 :00まで)
会場:大佛次郎記念館 月曜休館
最寄り駅:みなとみらい線「元町・中華街 」駅
お問い合わせ:大佛次郎記念館 
045-622-5002
http://osaragi.yafjp.org

 

4.写真展 マイア・フロール「Imagine France -幻想的な世界へ-」

expo(c)Maia-Flore_VU'_AtoutFrance2

(c) Maia Flore/VU’/Atout France

横浜の人気スポット、「赤レンガ倉庫」は 歴史の息づく場所。ここでは、フランス人写真家マイア・フロールによるフランスの文化遺産に新しい光を当てた写真展が開催される。25ヵ所のフランス文化遺産を巡りながら、過去と現在が交錯する中、驚きと超現実の世界へと誘われるだろう。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/maia/

日時:2015年6月19日(金)~28日(日)11:00~19:00
料金:入場無料
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階スペース
最寄り駅:みなとみらい線「馬車道」「日本大通り」駅
お問い合わせ:横浜赤レンガ倉庫1号館 045-211-1515

5.ダンス交流プロジェクト「ダンスクロス」
ダミアン・ジャレ × クォン・リョンウン

Dance_crossクKoen Broos2

(c)Koen Broos

Dance_crossク Homo Knitiens2

(c)Homo Knitiens

日本とフランスのダンス交流プロジェクト「ダンスクロス」。フランスで滞在制作を行った日本人振付家の作品と、日本で滞在制作を行ったフランス人振付家の作品を紹介する企画だ。今年は、「横浜ダンスコレクションEX2014」で「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞したクォン・リョンウン(韓国)と、京都のヴィラ九条山でレジデンス滞在中の世界を舞台に活躍するフランス人振付家ダミアン・ジャレによるソロ作品を上演する。
http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/dansecross2015/

日時:7/3 (金)19:30~ / 7/ 4 (土)16:00~
会場:赤レンガ倉庫1号館
最寄り駅:みなとみらい線「馬車道」「日本大通り」駅
料金:前売 一般2,500円、学生・会員2,000円、当日は各500円プラス
お問い合わせ:横浜赤レンガ倉庫1号館 045-211-1515
       アンスティチュ・フランセ横浜 045-201-1514