イベント詳細

音楽

土曜マチネシリーズ 第7回 小林沙羅&福間洸太朗 「ドイツ・リートへの誘い」第1回(全3回)

期間
2024/3/16(Sat) ~ 2024/3/16(Sat)

会場
青葉区民文化センター フィリアホール
エリア
横浜・北西(あざみ野・長津田・中山)
開催時間
 14:00開演(13:30開場)16:00終演予定
料金
S¥4,500  A¥3,500
詳細情報URL
https://www.philiahall.com/html/series/240316.html
お問い合わせ
フィリアホールチケットセンター045-982-9999
誘われるは歌曲の森。ロマンに満ちた音楽の旅路へ…名手二人がたどる、ドイツ歌曲の大いなる歴史。オペラの最前線で大活躍する一方、歌曲にもライフワークとして取り組んでいる小林沙羅。名曲とともに、現代作品を含むこれまで陽の当たらなかったレパートリー開拓にも積極的に取り組む福間洸太朗。この名手二人による、フィリアホール初の、ドイツ・リートを体系的に紹介する3年・全3回の新シリーズが始まります!ともに欧州で研鑽を積んだ二人とも、豊かなリートの魅力を紹介するに相応しい実力の持ち主。以前から共演経験はありつつ、ドイツ歌曲のみをこれだけ集中的に取り上げるのは初であり、彼らにとってもひとつの挑戦。様々な選択肢の中でどの道を選ぶのか、期待がふくらむところです。そんな中小林沙羅が初回に選んだテーマは「グスタフ・マーラーとリヒャルト・シュトラウス(アルマ・マーラー、ヴォルフ、ワーグナー)」! 初回にしてクライマックスというべき、ドイツ歌曲の歴史の中でも最も複雑な諸相を見せる、19世紀末?20世紀初頭の作品群が最初の主題に選ばれました。ここからはじまる「うた」の旅、二人はどのように歩んでいくのでしょうか…乞うご期待!【出演者】ソプラノ◎小林沙羅ピアノ◎福間洸太朗【プログラム】グスタフ・マーラー◎ 『若き日の歌』第1巻より「思い出」 『子どもの不思議な角笛』より「ラインの昔話」「トランペットが美しく鳴り響くところ」リヒャルト・シュトラウス◎ 「万霊節」「セレナーデ」「ツェツィーリエ」「解放」 アルマ・マーラー◎ 「私の父の花園にて」他