イベント詳細

歴史・文化 美術 文芸 歴史・文化 美術 文芸 歴史・文化 美術 文芸

常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第3部 太宰治、三島由紀夫から現代まで」

期間
2024/2/6(Tue) ~ 2024/3/24(Sun)

会場
県立神奈川近代文学館
エリア
関内・馬車道・日本大通り
開催時間
 休館日:月曜日(2月12日は開館)<br />開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
料金
一般260円(160円)20歳未満・学生160円(110円)65歳以上110円(110円)高校生100円(100円)中学生以下無料*(  )内は20名以上の団体料金※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方は、手帳もしくは、ミライロID の提示で無料(詳しくはお問い合わせください)にてご入場いただけます。事前の申請等は必要ありません。手帳の所持者及びその介助者(※2)の方は観覧料が無料となります。 ※2原則として手帳の所持者の介助者1名まで。ただし、手帳の所持者1名に対して2名以上介助者が必要な場合は事前にご相談ください。
詳細情報URL
https://www.kanabun.or.jp/exhibition/19681/
お問い合わせ
公益財団法人神奈川文学振興会TEL045-622-6666  FAX045-623-4841
敗戦直後の混沌とした時代に「無頼派」の名で一世を風靡した太宰治、坂口安吾。戦後の繁栄と平和のなか自らの虚無に殉じた三島由紀夫。古今の書物を繙き、歴史の闇に埋もれた存在に光を当てた澁澤龍彦ら9人の作品世界を、それぞれの神奈川とのゆかりを交え紹介します。また「現代を表現する―湘南、ヨコハマ、そして郊外」のコーナーでは、五木寛之、村上龍ら6人の現代作家が同時代の神奈川を舞台にした作品にもスポットを当てます。※会期中は「文豪ストレイドッグス」(原作:朝霧カフカ 漫画:春河35)とのコラボレーション企画を実施します。