イベント詳細

歴史・文化 古典芸能 文芸 歴史・文化 古典芸能 文芸 歴史・文化 古典芸能 文芸

かなぶん寄席 講談会

期間
2024/3/9(Sat) ~ 2024/3/9(Sat)

会場
県立神奈川近代文学館展示館2階ホール
エリア
関内・馬車道・日本大通り
開催時間
 14:00開演(13:30開場)
料金
一般1,200円(友の会会員1,000円)*未就学児の入場はご遠慮ください。*お申し込みをいただいた方には、当日9:30から展示館1階ミュージアムショップで入場整理番号付きチケットを販売します。
詳細情報URL
https://www.kanabun.or.jp/event/19424/
お問い合わせ
公益財団法人神奈川文学振興会TEL045-622-6666
【出演】神田蘭(講談師)
〈プロフィール〉神田蘭(かんだ・らん)……2004年に神田紅師匠のもとに弟子入り。2018年真打昇進。女性の生き方を描いた創作講談や、語りつぎたい日本人たちをテーマにした講談作りをライフワークにしている。毎週土曜日にJFN(全国20局)で放送している番組「恋する日本史」は長年続く人気番組。また、産経Podcast『神田蘭の5分で恋する日本史列伝』も好評配信中。著書『女と男の恋する日本史講談』(辰巳出版)ほか、新聞、雑誌などでコラムを多数執筆。【演目】「王将」(北條秀司原作) 原作は大阪の将棋棋士・坂田三吉の波乱の生涯を描いた北條秀司の代表作。関根金次郎との初対戦から坂田の妻・小春の死までを語ります。「木村重成の最期(難波戦記より)」 豊臣秀頼の家臣・美男で評判の木村重成のもとに恋心を歌で届けた女中・青柳(きぬ)。幸せに結ばれた二人だが、豊臣方絶体絶命の大坂夏の陣は目前に迫っていた……