イベント詳細

歴史・文化 美術 文芸 歴史・文化 美術 文芸 歴史・文化 美術 文芸

特別展「没後30年 井伏鱒二展 アチラコチラデブンガクカタル」

期間
2023/9/30(Sat) ~ 2023/11/26(Sun)

会場
県立神奈川近代文学館
エリア
関内・馬車道・日本大通り
開催時間
 休館日:月曜日(10月9日は開館)<br />開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
料金
一般700円(500円)、65歳以上・20歳未満及び学生350円(250円)、高校生100円(100円)、中学生以下は無料*(  )内は20名以上の団体料金※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方は、手帳もしくは、ミライロID の提示で無料(詳しくはお問い合わせください)にてご入場いただけます。事前の申請等は必要ありません。手帳の所持者及びその介助者(※2)の方は観覧料が無料となります。 ※2原則として手帳の所持者の介助者1名まで。ただし、手帳の所持者1名に対して2名以上介助者が必要な場合は事前にご相談ください。
詳細情報URL
https://www.kanabun.or.jp/exhibition/18737/
お問い合わせ
神奈川文学振興会 045-622-6666
 市井の人々の哀歓に寄り添った作品で、多くの愛読者を持つ作家・井伏鱒二(いぶせ・ますじ 1898~1993)。初期の名作「山椒魚」や、原爆による悲劇の実相を描き国際的にも評価が高い「黒い雨」のほか、「荻窪風土記」などの随筆、「厄除け詩集」、「ドリトル先生」シリーズの翻訳等でも親しまれています。 本展では作品世界に加えて、井伏が愛したもの―旅、釣り、将棋、書画、焼物などの世界にも注目します。また、一番弟子である太宰治をはじめ、井伏の随筆や対談集に登場するお馴染みの作家たちとの交流を、豊富な書簡などで紹介。文学や趣味、そして人生をめぐって交わされる言葉の数々とともに、
〈アチラ〉から
〈コチラ〉から、井伏の人間的魅力に迫ります。