イベント詳細

美術

没後40年 岩田榮吉と恩師・畏友 ― 小磯良平・伊藤廉・長谷川潔をはじめとして

期間
2022/10/15(Sat) ~ 2023/1/15(Sun)

会場
横浜本牧絵画館
エリア
元町・中華街・山手
開催時間
 10:00~17:00(入館は16:30まで)<br /><br />※休館日:毎週火曜日、年末年始(12月26日~1月3日)<br />※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今後の国内外の状況により予定が変更となる場合がございます。当館のホームページで最新の情報をご確認の上、ご来館いただきますようお願い申し上げます。
料金
一般観覧料 500円割引観覧料 400円(65歳以上、障がい者手帳・三溪園入園券をお持ちの方が対象)※保護者同伴の中学生以下1名無料※その他団体割引制度(要事前予約)、「濱ともカード」のご提示で優遇有り
詳細情報URL
https://www.yh-g.org/exhibition.html
お問い合わせ
横浜本牧絵画館 045-629-1150
 岩田榮吉(1929~1982)の没後40年にあたり、その師その友に焦点をあて、画業を振り返ります。よき師よき友とは、偶然に出会うものではなく、自分自身が確かな考えを持ち、前向きな気持ちをもって生きて、はじめて得られるものかもしれません。画家にとって、画面とひとり向き合う苦しみは、技量経験を積んだところで尽きるものではありませんが、「ひたすらに絵を描いていたい」という純粋な気持ちを生涯持ち続けた岩田には、様々な局面場面で恩師・畏友と呼べる人々との出会いがありました。28歳での渡仏後、パリで制作し続けた理由に、現地での師友の存在が大きかったことは疑いもありません。