サモアール

Posted : 2012.08.25
  • mail

 

夏の終わりに、37年変わらない濃厚ミルクティー。

サモアールは、1974年に横浜に開店した紅茶専門店。その味はもちろん、先代のまちづくりへの情熱、若き芸術家への支援が今も語り継がれる、横浜の顔です。 現在では、馬車道と横浜駅西口の相鉄ジョイナス内にふたつの喫茶店を構えています。今回訪れたのは馬車道店。壁に飾られた絵や、ロシアの湯沸かし器であるサモワールといった装飾品が歴史を感じさせる店内には、どんなに賑わっていてもどこか落ち着く、老舗ならではのゆったりとした時間が流れています。名物のロイヤルミルクティーは、37年間変わらない味で愛され続けてきました。まだまだ暑さの残る夏の終わりに、ぜひ「アイス」で、 ミルクと生クリームの濃厚な味わいと、ふんわりと広がるアールグレイの香りを楽しんでください。
Photo: Nahoko Morimoto / Edit , Text: Rio Hirai
※本記事は旧「アートウェブマガジン ヨコハマ創造界隈」2012年8月25日発行号に掲載したものです。

サモアール


丁寧に作られたミルクティーとオムライスはクラシックな味わい。

歴史ある紅茶専門店として紅茶の淹れ方にもこだわるサモアールでは、来店客がいつでも美味しい紅茶を飲むことができるよう、さまざまな配慮を凝らしています。店舗でのオリジナル茶葉の販売や通信販売はもちろん、美味しい紅茶の淹れ方も公開。カウンターの中を覗けば、慣れた手つきで丁寧に一杯一杯紅茶が淹れられている様子がわかります。食事の人気メニューはオムライス。定番からほうれん草やイカスミを使った変わり種まで、種類が豊富なオムライスはどれも卵がふんわりとろけるクラシックな味わいです。オムライスとミルクティーのセットで、サモアールならではの贅沢な時間を味わうことができます。

■TODAY’S RECIPE
「アイスロイヤルミルクティー」


サモアールでいただくロイヤルミルクティーを自宅でも楽しめる 、オリジナルのレシピを公開。手順を見てみると、優雅なティータイムのために丁寧な工程が必要なことがわかります。サモアールではアールグレイを使用していますが、他のフレーバーティーでも大丈夫。お好みの茶葉を選んでください 。

STEP1

STEP1

300cc程度のサーバーに、ティースプーン山盛2杯分の茶葉、沸騰したてのお湯120ccを入れ、約3分の抽出時間で、濃い目の抽出液を作る。

STEP2

STEP2

グラスにシュガーシロップとたっぷりのクラッシュアイスを入れる。

STEP3

STEP3

STEP1の抽出液をグラスに注ぐ。この時、氷がとけるので氷を足す。

STEP4

STEP4

3分立ての生クリーム(バニラエッセンスとブランデーを加えると香りが良くなる)を40cc(大き目のスプーンに1杯)程度入れる。

STEP5

STEP5

牛乳100ccを静かに注ぐ。

完成!
完成!

※本記事は旧「アートウェブマガジン ヨコハマ創造界隈」2012年8月25日発行号に掲載したものです。
■information

紅茶と料理の店 サモアール馬車道店
Address:横浜市中区弁天通4-67-1馬車道スクエアビル1F
Tel:045-201-3050
Business hours:11:00~22:00 年中無休
URL:http://www.samovar.co.jp/

■PROFILE
紅茶と料理の店 サモアール馬車道店
1974年、横浜駅西口に創業。現在、相鉄ジョイナス本店と馬車道店、洋菓子工房の弥生台店の3店舗。店頭ではオリジナル紅茶の販売も行っている。紅茶に合う、自然の味を生かした洋菓子も種類豊富に取り揃え、日替わりのオムライスセットをはじめ、メニューには古き良き喫茶店らしい洋食が並んでいる。