横浜美術館開館 25周年 105の展覧会

Posted : 2014.05.07
  • mail
横浜のアートを牽引する横浜美術館は、今年開館 25周年を迎える。これまでに開催された105 の企画展のチラシが、横浜美術館グランドギャラリーにおいて一挙に展示されている。足を運んだ展覧会の、当時の思い出に浸ってみてはいかがだろう。

○DSC_7938small

横浜美術館の誕生は1989 年、平成元年。大きな話題を呼び全国から大勢の観光客が訪れ大盛況だった「横浜博覧会」のパビリオンとしてお披露目されたのだ。その後、同年11月3日に正式に開館した横浜美術館は今年25周年を迎える。

記念すべき第 1 回目の企画展は「メトロポリタン美術館名品展」だ。以降、1995年の「ゴッホ展」、1999年「開館10周年 セザンヌ展」、2004年「東山魁夷展」、2005年「ルーブル美術館展」、2010年「ドガ展」などは、数十万人の入場者が殺到した大人気の展覧会だった。いずれかの展覧会に足を運び、多くの人の肩越しに名画を鑑賞した思い出を持つ方もいるのではないだろうか。
また、鏑木清方、片岡球子、横山大観、下村観山といった日本画の巨匠の名作に間近に触れた貴重な思い出のある人や、1996年「森村泰昌展 美に至る病―女優になった私」、2001年「奈良美智展 I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」、2006年の「アイドル!」、2009年「開館20周年 束芋:断面の世代」、2011年「松井冬子展―世界中の子と友達になれる」などに強烈な感慨を抱いた人もいるだろう。

○DSC_7950small

ずらりと並んだ105もの展覧会のチラシに当時の気持ちが懐かしくよみがえってくる。
同時期に開催中の「魅惑のニッポン木版画」展と一緒に楽しんでみてはどうだろう。

また、展示デザインと、横浜美術館のロゴを展開した 25 周年のマークは、新進気鋭のデザインオフィス「WALTZ.」によるもの。
ポスターのデザインにはちょっとしたヒミツが隠されているので見つけてほしい。

 

 

【イベント情報】
横浜美術館 25 周年 105 の展覧会

会期:開催中~5月25日(日) 10:00-18:00(展示室への入場は 17:30 まで)
       (木曜日休館)
会場:横浜美術館 グランドギャラリー
最寄り駅:みなとみらい線みなとみらい駅、JR桜木町駅

入場料:無料

主催:横浜美術館