横浜みなとみらいホール テクノロジーと創る、新感覚なバーチャル鑑賞体験!

Posted : 2020.09.03
  • mail
身近な場所で芸術体験ができる横浜独自のオンラインプログラムが9月1日から新しく始まりました。その名も「横浜WEBステージ」。アーティストのパフォーマンスを最新技術を用いた撮影方法により収録し、多様な動画コンテンツを制作、配信します。まるでコンサートホールが自宅やスマートフォンに引っ越した感覚で誰もが好きな時間に自由に鑑賞できます。これは、新型コロナウイルス感染症拡大防止で影響を受けるアーティスト支援の一環として行われています。

 

パフォーマンスを様々な角度から楽しめる映像体験

1.最新技術で収録した動画配信

ドローンや高解像度(8K)カメラ、360度カメラ、小型広角カメラを使用した撮影の他、ベルリンと日本の奏者を繋いでの同時リモート収録や、16台ものカメラを用いた自由視点撮影(*1)も敢行されました。新制作作品は延べ120以上にのぼります。
*1自由視点・・・同時に撮影した映像で3D 空間データを構築しあらゆる角度からの視聴を可能にするシステム

 

ヘンデル:調子のよい鍛冶屋 
視聴映像:9分割画面(虫の目)
 演奏:浅井美紀(オルガン)
高さ・奥行それぞれ12mにも及ぶ横浜みなとみらいホールのパイプオルガンに小型広角カメラを設置。
楽器の複雑な構造と普段間近では難しいオルガニストの姿が見られます。

 

2. 実際の特設ブースで体感 、バーチャルの世界
パフォーマンスをバーチャルに鑑賞できる半球状スクリーンを設置したブースが現れます。 2~4人の少人数ごとに、まるでその映像に入っているかのような新しい体験ができます。普段コンサートホールへ行くことが難しい方にも体験できるようにブースは商業施設の他、学校・病院・福祉施設等に2021年以降に限定期間を設けて設置予定となっています。

 

3.ご自宅でプロ奏者と共演! ※10月以降順次公開予定
著名な協奏曲(*2)の伴奏部分が収録・配信されます。ご自身の独奏とNHK交響楽団のメンバーを中心としたプロ奏者による伴奏でいつでもどこでも共演を楽しむことができます。
*2協奏曲 ・・・独奏楽器(ソロ)とオーケストラの編成で演奏される楽曲

 

4.アーカイブ映像の配信 ※10月以降順次公開予定
横浜音祭りDance Dance Dance YOKOHAMAなど数多くの文化プログラムが開催されている横浜。これらの記録映像をアーカイブとして配信。音楽のみに限定しないで、ダンスやバレエも見ることができます。

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団

 

今、見られる配信コンテンツ

9月1日のオープンと同時に公開された配信コンテンツの一部をご紹介します。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第 14 番「月光」第 3 楽章
視聴映像:4 分割画面(虫の目)
演奏:阪田知樹(ピアノ)
奏者の顔、指、足、楽器の内部の4 つの画面同時視聴 。楽器の機能のそれぞれの連関を視覚的に体感しながら渾身の演奏を鑑賞できます。

モーツァルト:弦楽四重奏曲第 15 番 第 3 楽章
視聴映像:360 °カメラ
演奏:神奈川フィルハーモニー管弦楽団メンバー
大ホールステージ上に置かれた360 °カメラに弦楽四重奏メンバーを囲むように配置。通常の人の目では見られないパノラマで演奏を楽しめます

クイーン(松岡あさひ編): I was born to love you
視聴映像:360 °カメラ
演奏:石田組(弦楽アンサンブル)
マルチアングルによる撮影に加え、小ホールステージ中央に置かれた360 °カメラによる映像で勢いある弦楽アンサンブルを堪能できます。

藤倉大:Longing from afar
視聴映像:Zoom 合奏
演奏:山田和樹(指揮)、横浜シンフォニエッタ
ベルリンとホール内の各所に点在する演奏家をZoom で繋ぎリモート合奏を実施。リモートとは思えぬ調和された演奏と共に、演奏家の背後に映るバラエティ豊かなホール内の風景にもご注目を。

J.ウィリアムズ:「スター・ウォーズ」メイン・タイトル
視聴映像:360 °カメラ
演奏:川瀬賢太郎(指揮)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団
指揮者台の前に設置した360 °カメラによる撮影。画面を好きな方向へ回転させることが可能。まるで舞台上で演奏を聴いているような感覚を味わえる映像をお楽しみいただけます。

この他にも順次公開を予定しているコンテンツが盛りだくさんとなっていますので詳しくは横浜WEBステージ特設サイトをご確認ください。オンラインでの新しい体験が、きっと芸術の楽しみ方を広げてくれることでしょう。是非この機会をお見逃しなく。

 


 

【イベント情報】

横浜WEBステージ
期間:2020年9月1日(火)~2020年2月27日(土)
配信:横浜WEBステージ特設サイトyokohamawebstage.jp
料金:無料(通信料が別途かかります。)
エグゼクティブ・プロデューサー:新井鷗子
クリエイティブ・ディレクター:田村吾郎
出演者(一部・順不同):
川瀬賢太郎(指揮)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)、山田和樹(指揮)、横浜シンフォニエッタ(管弦楽)、石田組(弦楽アンサンブル)、﨑谷直人(ヴァイオリン)、阪田知樹(ピアノ)、浅井美紀(パイプオルガン)ほか
主催:横浜みなとみらいホール(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
共催:横浜市、横浜アーツフェスティバル実行委員会