躍動する横浜を見に行こう。3年に一度のダンスの祭典が開幕!

Posted : 2018.08.03
  • mail
横浜の“街”を舞台にした3年に一度開かれる、日本最大級のダンスフェスティバル「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」が、8月4日(土)に開幕します。今回は58日間に渡り約230ものオールジャンルのダンスプログラムが開催されます。

©bozzo

 

2人のディレクターが誘う、ダンスの祭典

今回「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」のディレクターを務めるのは、ドミニク・エルヴュさんと近藤良平さんのお二人。

今回「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」のディレクターを務める、ドミニク・エルヴュさんは、フランスで行われる「リヨン・ダンス・ビエンナーレ」の芸術監督。横浜市はフランスのリヨン市と姉妹都市を結んでおり、今年は日仏交流160周年にあたります。本場で活躍する彼女が選ぶ最先端の作品の数々、また日仏の交流から生まれる新作は、フェスティバルの目玉です。

近藤良平さんは、ダンサー・振付家で、横浜国立大学在学中にダンスをはじめ、NHK総合「サラリーマンNEO」内「テレビサラリーマン体操」などにも出演される人気のアーティスト。「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA」には、2012年の第1回目から参加され、誰もが参加できる「盆ダンス」などのプログラムを実施してきました。今回も「横浜ダンスパラダイス」など、老若男女が、気軽に観て参加して楽しめるプログラムを企画し、街に開かれたフェスティバルを演出します。

「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018」は、観る・踊る・それの両方と、色々な楽しみ方ができるダンスの祭典です。会場は屋内だけでなく、横浜の風景が楽しめ解放感がある野外ステージや、街なかにある商業施設や駅前広場、公園なども、ダンスが披露される舞台へ変身します。

観賞、体験できるダンスのジャンルは、バレエにコンテンポラリー、ストリート、ソシアル、チア、日本舞踊など、オールジャンル。国籍、ジェンダー、障害の有無を越えて、初心者からダンス・ファン、子どもから大人まで、ダンスの世界を間近に感じられます。

 

見逃せない、8月の注目プログラム

今回は直近の8月に開催される、注目のプログラムをご紹介します。心も踊る、素敵なプログラムばかりです。

 

横浜らしい夜景と、バレエが楽しめる「横浜ベイサイドバレエ」

オープニングを飾るのは、象の鼻パークで行われる「横浜ベイサイドバレエ」。心地良い夜風に吹かれながら横浜港の夜景をバックに、日本を代表する東京バレエ団の上演を楽しめます。

すでに3回目となる「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA」の人気企画。ヴェルサイユ宮殿での野外公演をはじめ、欧州の大都市で上演を重ねる東京バレエ団が、今年も多彩なレパートリーから3作品を上演。8月4日(土)と8月5日(日)の2晩だけの、特別なステージです。

「横浜ベイサイドバレエ 『ボレロ』」東京バレエ団の上野水香さん ©Kiyonori Hasegawa

 

期間:2018年8月4日(土)/8月5日(日)
時間:各日共 17:45開場 18:45開演(休憩なし)
会場:象の鼻パーク特設ステージ
住所:横浜市中区海岸通1丁目
チケット:指定席 S席 ¥6,000/A席 ¥4,500/B席 ¥3,000(税込)ほか

 

ダンスの祭典を、深く知る「オープニングトーク~ダンスがつなぐリヨンと横浜~」

象の鼻テラスで開催される「オープニングトーク~ダンスがつなぐリヨンと横浜~」。ディレクターのドミニク・エルヴュさんが出演し、ダンスを社会と結びつけるフェスティバルの役割や、言葉を超えたコミュニケーションであるダンスの魅力などを語ります。

日時:2018年8月4日(土) 17:15~18:00
会場:象の鼻テラス
住所:横浜市中区海岸通1丁目
チケット:無料 ※予約は不要です。直接、会場へお越しください。

 

ディレクター・近藤良平さん演出・出演による、スペシャルプログラム「近藤良平・ヨコハマ・ガラ」

8月12日(日)に象の鼻パーク特設ステージで開催する「近藤良平・ヨコハマ・ガラ」は、ディレクターの近藤良平さんが、リオパラリンピック閉会式で世界から大きな注目を浴びた義足のダンサー・大前光市さん、アーティスティックスイミングやフィギュアスケート日本代表選手の演技指導も行う振付家・平山素子さんらとともにお届けするステージです。近藤良平さんが、これまで手がけてきた作品の数々を豪華なメンバーで贈るスペシャルプログラムを、是非お見逃しなく。

(左から)『intermezzo-本気のはしやすめ-』近藤良平さん、平山素子さん、大前光市さん

 

日時:2018年8月12日(日) 17:30開場 18:30開演
会場:象の鼻パーク特設ステージ(野外)
住所:横浜市中区海岸通1丁目
チケット:自由席 ¥2,000(税込)

 

横浜全域の“街なか”が舞台「横浜ダンスパラダイス」

横浜ダンスパラダイス」は、横浜全域の“街なか”でくり広げられる充実のダンスステージ。約280組の公募によるダンスチームのステージや、若者に大人気のs**t kingz(シットキングス)、プリキュア、義足のダンサー・大前光市、社交ダンスの世界大会にも出場する実力派お笑い芸人・キンタローなどが出演するゲストステージが行われます。

無料で観ることができるので、買い物やお散歩の合間にのぞいてみてはいかがでしょう。思わぬダンスとの出会いがあるかも!?

9月30日の最終日には、横浜美術館前のグランモール公園にこれまでの出演者や観客の皆さんが大集結。
みんなで、「レッド・シューズ」というオリジナルダンスを踊ろうというフィナーレスペシャルプログラムが開催されます。

オリジナルダンス「レッド・シューズ」

 

日時:フェスティバル期間中の土曜・日曜・祝日
※時間はプログラムによって異なります。
会場:グランモール公園美術の広場、JR桜木町駅前広場、ほか横浜市内全域
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3(グランモール公園美術の広場)ほか
観覧:無料

 

今回は8月のプログラムをご紹介しましたが、9月のプログラムも盛りだくさん。このメディアでも、今後ご紹介予定です。ご期待ください。

ダンスは、あらゆるボーダー(境界)を超える力を持つコミュニケーションのアート。ダンス・ファンはもちろん、ダンスは初めての人も、この夏は横浜でダンスの魅力を目撃してみませんか?


Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018

会期:2018年8月4日(土)~9月30日(日) <58日間>
会場:横浜市内全域(横浜の“街”そのものが舞台)
ジャンル:コンテンポラリー、ストリート、ソシアル、チア、日本舞踊、バレエ、フラ・ポリネシアン、盆踊りなどオールジャンル
プログラム数:約230
詳細は、公式ホームページをご確認下さい。
https://dance-yokohama.jp/


【関連記事】

一人ひとりの魅力を引き出すダンスの力 大前光市さん