アーティスト・イン・レジデンス×マーケット「made in Koganecho」

Posted : 2017.01.15
  • mail
黄金町バザールの開催やレジデンスのプログラムなど、アーティストをサポートするさまざまな活動で知られるNPO法人黄金町エリアマネジメントセンター。この冬、新たな企画「made in Koganecho」を立ち上げた。黄金町でつくられた作品をエリア外で展示・販売するマーケットの企画だ。黄金町でつくられた作品が、新たな出会いを求めて旅に出る。
陶韡(タオ・ウェイ)滞在制作の様子

陶韡(タオ・ウェイ)滞在制作の様子

 

現代アートの国際展「黄金町バザール」の運営を担う、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターでは、アーティストの創作の場を提供するアーティスト・イン・レジデンス(A.I.R)プログラムにも恒常的に取り組んでいる。初黄・日ノ出町地域におけるエリアマネジメントの一環として2009年からスタートしたA.I.Rプログラムは今年で8年目を迎え、その活動は定着しつつある。

そんなA.I.Rプログラムが、この冬、新たな展開を打ち出した。アーティストが黄金町で創作した作品を、黄金町のエリア外で展示しその場で販売を行うマーケットの企画だ。その名も「made in Koganecho」。今年マーケットを出店するのは、現在進行形のカルチャーを紹介し続けている東京・原宿の「VACANT」(1月21日・22日)と、台湾で活躍するアーティストを日本で発信している「台湾文化センター」(2月18日・19日)だ。そしてホームの黄金町では高架下スタジオSite-Aギャラリー、八番館など(3月4日~20日)でマーケットがひらかれる。8年間で一定の成果を挙げた同プログラムの次なる展開として、アーティストの活動を広く国内外に発信していく「made in Koganecho」が注目されている。

01_inoue

井上絢子 展示風景

「made in Koganecho」には、アーティスト・イン・レジデンス×マーケットの可能性を探る狙いがある。黄金町でつくられた作品をさまざまな地域で紹介し販売する機会をつくることで、アーティストと彼らを応援してくれる人との出会いの創出を目指している。アーティストにとって、ビジネスチャンスをいかにつくっていくかということは、活動を継続していくために大切な視点だ。黄金町を拠点に活動するアーティストに限らないことだが、作家によっては著名な画廊に所属し、その作品は現代美術市場で取引されている。一方で「made in Koganecho」のような販売の機会が増えることは、作品を購入したい人の間口を広げる可能性の一つとしても期待がもてるだろう。

NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターはアーティストの創作をサポートするだけでなく、本企画をとおして彼らの活動を次のステップにつなげていくことを目指している。この機会に、事務局次長の上野正也さんに、本プログラムへの思いを聞いた。

「この企画は、文化庁及び横浜市文化観光局と連携し実現した取組みのひとつです。地区再生まちづくりの一環として、A.I.Rプログラムに取組む当NPOでは、単なるアーティストの作品販売にとどまらず、彼ら彼女らが有する『創造性』がいかにマーケットにコミットするのかという新しい取組みに挑戦します。将来的に人口が減少し、シュリンクしていく社会において、A.I.Rプログラムという一種のテーマ型コミュニティが、いかに地域に着地していくのかという点が、今後の地域社会を発展させていく上で大きな鍵となるでしょう。そのためにも、こういった黄金町の取組みがひとつのモデルとなって流通することが必要だと感じています。」

今回の「made in Koganecho」で新たなフェーズを迎える、黄金町エリアマネジメントセンターのアーティスト・イン・レジデンスプログラム。「VACANT」「台湾文化センター」と黄金町でひらかれるマーケットのいずれかに足を運んで、お気に入りの作品を自宅やオフィスにもち帰ってみてはいかがだろう?


【イベント情報】

made in Koganecho(メイド・イン・コガネチョウ)

https://www.koganecho.net/contents/event-exhibition/event-exhibition-2022.html

vol.1 at VACANT

日時:2017 年1月21 日(土) 11:00~21:00 ※最終入場20:00まで
1月22 日(日)11:00~18:00
会場:VACANT(東京都渋谷区 神宮前3-20-13)
入場料:無料
アーティスト:Atsuko Nakamura、小畑祐也、ジェシカ・フ、竹本真紀、津川奈菜、葉栗翠、原田賢幸、山田裕介、ユ・ソンジュン、楊珪宋

 vol.2 at 台湾文化センター

期間:2017 年2 月18 日(土)、19 日(日)[計2 日間]
会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2F) 
入場料:無料

 vol.3 at 黄金町

期間:2017 年3 月4 日(土)~20 日(月・祝)[ 計15 日間]
会場:高架下スタジオSite-A ギャラリー、八番館、他(神奈川県横浜市中区黄金町1-6 番地先、ほか) 
入場料:無料

主催:認定NPO 法人黄金町エリアマネジメントセンター
助成:文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業