イベント詳細

ギャラリー

あざみ野フォト・アニュアル 長島有里枝展 知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本

期間
2019/1/26(Sat) ~ 2019/2/24(Sun)

会場
横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
エリア
田園都市線沿線
料金
入場無料
出演者
【出品作家】長島有里枝(写真家)
お問い合わせ
横浜市民ギャラリーあざみ野
問い合わせ電話番号
045-910-5656
現代の写真表現を紹介するシリーズ「あざみ野フォト・アニュアル」2018 年度の企画展は、長島有里枝の個展を開催します。本展の構想は、2008年8 月から2009年7月にわたって文芸雑誌『群像』に連載され、2009年に単行本化された短編集『背中の記憶』を起点としています。四世代にわたる家族の記憶を丹念に拾い上げたこの自伝的作品では、自身の幼少時代の記憶を基にした物語が生き生きと語られ、随所でカメラのレンズがフォーカスを合わせるように、写真的イメージを想起させます。この展覧会は、『背中の記憶』の通読に応じてくださったある全盲の女性との対話から得たインスピレーション、長島が常々写真表現に感じているいくつかの疑問点等をコンセプトの中心に据え、近作や未発表作、インスタレーション作品により構成されます。「写真」と「テキスト」を従来とは異なる関係性において捉えようとする意欲的な試みとなります。本展における「写真」と「テキスト」は、それぞれが補完しあうものとしてではなく、一つの契機を共有する、異なる自立した表現として立ち現れることでしょう。[関連イベント]アーティスト・トーク1月26日(土)14:00~15:30【出演】長島有里枝【ゲスト】半田こづえ(本展協力者/美術鑑賞研究)対談「言葉の力とその限界」2月23日(土)15:00~16:30【出演】長島有里枝、少年アヤ(エッセイスト)アートなピクニック―視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会【内容】スタッフや参加者同士の会話を通して展示作品を楽しみながら鑑賞するツアーです。障がいの有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。2月9日(土)14:00~16:00学芸員によるギャラリートーク2⽉10⽇(⽇)14:00~14:30●イベント詳細・お申込方法詳細情報URLをご覧ください