地元スタッフが愛する、なつかしスイーツ

Posted : 2013.09.25
  • mail
映画『風立ちぬ』で話題の“シベリア”など、ハマっ子スタッフが愛してやまないスイーツがある。なぜ地元で支持されるのか。商品を生み出すまでの努力と何十年も守ってきたこだわり、そして横浜への誇りと愛情があるからだ。そんな横浜ならではのお菓子の魅力をぜひ知ってほしい。

IMG_5800

「シベリアをしっていますか?」
シベリア/コティベーカリー

Exif_JPEG_PICTURE明治~大正に生まれたという“シベリア”は、発祥地も名前の由来もすべてナゾ。パン焼き釜の余熱で焼いたカステラで、アンパンのあんを使った羊かんを挟むシベリアは、パン屋ならではのお菓子だ。昔はどの店先にも並んでいたそうだが、手間がかかることから今ではほとんど見かけなくなった。そんな中、大正5年の創業からシベリアを作り続けてきたのが“コティベーカリー”だ。

 

IMG_5764

 

大正から昭和初期の まさに『風立ちぬ』の時代、震災や戦災で何度お店が倒壊しても、同じ場所で営業を続けてきた。シベリアはそんな歴史をともに歩んできたのだ。「支持してくれるお客様がいたからつくってきた、それだけです。」と3代目店主の馬中さんは語る。コティベーカリーのシベリアは地元で愛され、子ども、孫、その孫へと伝わっていき、今も中高生の男の子や、お正月の縁起物として初詣の参拝客が買っていくことも多いとか。

 
ちなみに、名前の由来は諸説あるが、“心あたたかオーバー説”が有力とのこと。シベリアは極寒の地。羊かんが寒くて可哀想と、カステラのオーバーを着せたという説だ。しかし「由来はお客様が決めてくれれば」と馬中さん。シベリアをほおばりながら考えれば、これだ!と思う由来が見つかるかも。


<店舗情報>
コティベーカリー
シベリア1個330円
営業時間: 月‐土9:00~20:00、祝日10:00~19:00 日定休(臨時休業あり)
℡: 045-231-2944
住所:横浜市中区花咲町2-63
http://www.geocities.jp/coty_bakery/


 

文明開化の“味”がする
ビスカウト/馬車道十番館

1横浜は、ガス事業発祥の地。1872年(明治5年)に始まったガス事業の創始者・高島嘉右衛門家の旧跡にあるのが、“馬車道十番館”だ。敷地内では、当時の姿を復元したガス灯も見ることができる。お店のシンボルであり、文明開化の象徴でもあるガス灯。店内はレトロな雰囲気が溢れており、一歩入ればまるで明治時代にタイムスリップしたかのようだ。

 

2

 

ガス灯のマークは、人気商品「ビスカウト」にもあしらわれている。甘さや量をおさえた上品なクリーム。固すぎないサクっとしたビスケット。そのこだわりの食感は機械では出しにくく、ビスカウトは今も職人の手で一つひとつ丁寧につくられている。大量生産できずとも、品質にこだわり続けるところが長年ファンを裏切らない所以なのだ。

 

販売当初から変わらないチョコ、レモン、ピーナッツの3つの味。どれもよく売れているが、ちょっとだけレモンが人気とのこと。1個でもボリュームのあるビスカウトは、仕事のお供にもぴったり。忙しい同僚とビスカウトをつまみながら、ほっとひと息なんて喜ばれそう!


<店舗情報>
馬車道十番館 (本館)
ビスカウト1枚150円
営業時間: レストラン11:00~22:00/喫茶・売店10:00~22:00/バー16:00~23:00  無休
℡: 045-651-2621
支払い:カード可
住所:横浜市中区常盤町5-67
http://www.yokohama-jyubankan.co.jp/basyamichi/
※ヨコハマ創造都市センター(YCC)1Fカフェでも購入可
http://www.yaf.or.jp/ycc/cafe/index.php


 

女性たちが守ってきた優しい味
レーズンサンド/かをり

DSC_8394「かをりのレーズンサンドを持っていけ」。何かあるたび、そう家族に言われてきたハマっ子スタッフ。“かをり”は戦後の焼け野原の中、小さな喫茶店からスタートした老舗だが、今や全国からお客様が訪れるほどだ。

 

 

 

かをりの“レーズンサンド”は、昭和50年頃、現社長の板倉敬子氏がデパート進出を考えた際、新商品の開発を求められたのをきっかけに作られ始める。クッキーの生地にこだわり、研究所で1年かけて試行錯誤を繰り返した結果、油っぽさや甘さをおさえつつ、ふんわりとした独特の食感を生み出した。さらに職人だけではなく、幼稚園のお母さんや同級生、近所の奥さま方など、女性30人程だけでつくっていたというから驚きだ。そうした努力で流通ルート拡販とともに評判が拡がり、レーズンサンドは人気商品になっていった。今でも変わらぬ味を守っているからこそ、絶大な信頼を得ているのだ。

やわらかな生地とほのかに甘いクリーム、そして酸味あるレーズンの絶妙なバランスをもったレーズンサンド。 喜ばれること間違いなしの逸品である。


<店舗情報>
横浜かをり 山下町本店
レーズンサンド 5個入りセット787円~
営業時間: ケーキショップ平日 9:00~19:00、土10:00~19:00、日祝12:00~19:00
ティーラウンジ平日 11:30~19:00、土11:30~19:00、日祝12:00~19:00
℡: 045-681-4401
住所:横浜市中区山下町70番地
http://www.kawori.co.jp/